読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八十八慶雲亭

はちじゅうはっけいうんてい と読みます。 MtGやポケモンのメモ、落書きとかの供養など。

【MtGスタンダード】スゥルタイコントロール(青黒緑)

f:id:ura88:20141219132952p:plain<スゥルタイと聞いて

f:id:ura88:20141219133212j:plain<あんたの出番ないよ f:id:ura88:20141219132952p:plain<アバーッ!?

f:id:ura88:20141219133417j:plain<おめーらの出番もねーよ! f:id:ura88:20141219133212j:plain<グワーッ!!(ストレージ行き)

 

時代は三色環境ということで、青黒緑(スゥルタイ)カラーのコントロールです。
解体しましたので構成忘れないようにメモ書き。

クリーチャー:12
4:《森の女人像/Sylvan Caryatid》
1:《荒野の収穫者/Reaper of the Wilds》
2:《予知するスフィンクス/Prognostic Sphinx
1:《サグのやっかいもの/Sagu Mauler》
4:《クルフィックスの狩猟者/Courser of Kruphix》

呪文:24
2:《航海の終わり/Voyage's End》
2:《スゥルタイの魔除け/Sultai Charm》
3:《英雄の破滅/Hero's Downfall》
1:《解消/Dissolve》
2:《信者の沈黙/Silence the Believers》
3:《霊気渦竜巻/AEtherspouts》
2:《残忍な切断/Murderous Cut》
1:《時を越えた探索/Dig Through Time》
3:《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》
3:《荒ぶる波濤、キオーラ/Kiora, the Crashing Wave》
1:《リリアナ・ヴェス/Liliana Vess》
1:《頂点捕食者、ガラク/Garruk, Apex Predator》

土地:24
2:《島/Island》
3:《森/Forest》
3:《疾病の神殿/Temple of Malady》
2:《華やかな宮殿/Opulent Palace》
3:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
3:《ラノワールの荒原/Llanowar Wastes》
3:《神秘の神殿/Temple of Mystery》
4:《ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

サイドボード:15
2:《霧裂きのハイドラ/Mistcutter Hydra》
2:《再利用の賢者/Reclamation Sage》
3:《ナイレアの信奉者/Nylea's Disciple》
1:《真珠湖の古きもの/Pearl Lake Ancient》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
1:《霊気渦竜巻/AEtherspouts》
2:《悲哀まみれ/Drown in Sorrow》
1:《トーモッドの墓所/Tormod's Crypt》
1:《ナイレアの弓/Bow of Nylea》

 

女人像、狩猟者といった優秀なクリーチャーからマナを確保し、キオーラで時間を稼ぎ、スフィンクスや各種スペルでライブラリーを掘り下げ、ガラクへとアクセスします。
主にアブザンミッドレンジや赤緑モンスターのようなミッドレンジには強いのですが、白系ヒロイックやジェスカイテンポのような高速アグロには勝てませんでした。

環境に適した除去呪文のおかげもあって、個人的趣向のカード(荒野の収穫者やサグのやっかいものとか)が多く活躍できる自分好みのコントロールデッキに仕上がったと思います。
ただ、いかんせん速度が遅いためひと試合の時間がかかりすぎるため身内とのカジュアルプレイに向かないのと、しばらく使っていて勝ち手段の薄さに悩まされたという理由で別のデッキに改造しました。
とはいえ十分楽しませてもらいました。