読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

八十八慶雲亭

はちじゅうはっけいうんてい と読みます。 MtGやポケモンのメモ、落書きとかの供養など。

【MtG統率者】黒薔薇のマルチェッサ(青黒赤)

どうも。
卒論に追われてる中の気晴らしの記事更新です。

今回はEDH。
前から持ってるには持ってたのですが、友人のEDH熱を受けたり統率者2015が出た影響もあり、最近マイブームです。

使用デッキは4つくらい作りましたが(やる頻度少ないのに作りすぎ)、今回はそのうちの1つ。

f:id:ura88:20151215122035j:plain

《黒薔薇のマルチェッサ》です。

デッキは以下。

 

ジェネラル
《黒薔薇のマルチェッサ/Marchesa, the Black Rose》

クリーチャー
1:《屍肉喰らい/Carrion Feeder
1:《ゲラルフの伝書使/Geralf's Messenger》
1:《寓話の賢人/Sage of Fables》
1:《不気味な腸卜師/Grim Haruspex》
1:《シミックの変転魔道士/Simic Fluxmage》
1:《雄牛のやっかいもの/Taurean Mauler》
1:《マルコフの刃の達人/Markov Blademaster》
1:《細胞質の操作者/Cytoplast Manipulator》
1:《背信のオーガ/Treasonous Ogre》
1:《不可思議/Wonder》
1:《ゴブリンの壊し走り/Goblin Razerunners》
1:《エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage》
1:《くぐつ師の徒党/Puppeteer Clique》
1:《川のケルピー/River Kelpie》
1:《憎悪縛りの剥ぎ取り/Flayer of the Hatebound》
1:《淀みの種父/Sire of Stagnation》
1:《天を支える者/Bearer of the Heavens》
1:《つややかな雄鹿/Burnished Hart》
1:《ファイレクシアの変形者/Phyrexian Metamorph》
1:《トリスケリオン/Triskelion》
1:《アンデッドの大臣、シディシ/Sidisi, Undead Vizier》
1:《不浄なる者、ミケウス/Mikaeus, the Unhallowed》

インスタント
1:《白鳥の歌/Swan Song
1:《四肢切断/Dismember》
1:《死せざる邪悪/Undying Evil》
1:《血の復讐/Vendetta》
1:《否認/Negate》
1:《秘儀の否定/Arcane Denial》
1:《攻撃的な行動/Act of Aggression》
1:《殺し/Snuff Out》

ソーサリー
1:《月光の取り引き/Moonlight Bargain》
1:《汚損破/Vandalblast》
1:《悪魔の意図/Diabolic Intent》
1:《血の署名/Sign in Blood》
1:《テゼレットの計略/Tezzeret's Gambit》
1:《強迫的な研究/Compulsive Research》
1:《犠牲/Victimize》
1:《反逆の印/Mark of Mutiny》
1:《生き埋め/Buried Alive》
1:《命運の核心/Crux of Fate
1:《闇の誓願/Dark Petition》
1:《ボーラスの奴隷/Slave of Bolas》
1:《大量反逆/Mass Mutiny》
1:《ジョークルホープス/Jokulhaups》
1:《抹消/Obliterate》
1:《苦痛の命令/Decree of Pain》
1:《冒涜の行動/Blasphemous Act》

エンチャント
1:《ゴブリンの砲撃/Goblin Bombardment》
1:《心なき召喚/Heartless Summoning》
1:《語られざる印/Unspeakable Symbol》
1:《リスティックの研究/Rhystic Study》
1:《墓所の裏切り/Grave Betrayal》

アーティファクト
1:《太陽の指輪/Sol Ring》
1:《ラクドスの印鑑/Rakdos Signet
1:《耽溺のタリスマン/Talisman of Indulgence》
1:《イゼットの印鑑/Izzet Signet
1:《落とし子の穴/Spawning Pit》
1:《ディミーアの印鑑/Dimir Signet
1:《アシュノッドの供犠台/Ashnod's Altar》
1:《爆破基地/Blasting Station》
1:《ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot》
1:《彩色の灯籠/Chromatic Lantern》
1:《魂の大鍋/Cauldron of Souls》
1:《金粉の水蓮/Gilded Lotus》

土地
4:《島/Island》
4:《沼/Swamp》
4:《山/Mountain》
1:《汚れた島/Tainted Isle》
1:《欺瞞の神殿/Temple of Deceit》
1:《悪意の神殿/Temple of Malice》
1:《オパールの宮殿/Opal Palace》
1:《鮮烈な湿地/Vivid Marsh》
1:《シヴの浅瀬/Shivan Reef》
1:《崩れゆく死滅都市/Crumbling Necropolis》
1:《湿った墓/Watery Grave》
1:《イゼットの煮沸場/Izzet Boilerworks》
1:《統率の塔/Command Tower》
1:《鮮烈な小川/Vivid Creek》
1:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
1:《鮮烈な岩山/Vivid Crag》
1:《竜髑髏の山頂/Dragonskull Summit》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
1:《統率の灯台/Command Beacon》
1:《汚染された三角州/Polluted Delta》
1:《血染めのぬかるみ/Bloodstained Mire》
1:《地底の大河/Underground River》
1:《風変わりな果樹園/Exotic Orchard》
1:《高級市場/High Market》
1:《ヨーグモスの墳墓、アーボーグ/Urborg, Tomb of Yawgmoth》

 

基本的に殴るだけのデッキ。
マルチェッサ自身も廃位を持っていて打点が良さげですが、回避能力や爆発力が無いのでジェネラルダメージは狙いにくい。

マルチェッサの効果は自軍全員が廃位を持ち、+1/+1カウンターが置かれた自軍生物が死んだらまた蘇ってくる効果。
後者の効果は、対戦相手がオーナーでも、自軍のコントロール下にある限り、こちら側で蘇ってくるので、それを活かしてコントロール奪取+生贄ギミックを多めに積んでます。

あとは蘇りやすいことを利用して全除去や、不死頑強たちを。
全除去を打って更地にしたところでこちらのクリーチャーが戻ってくるのが痛快です。ヘイトを買いやすいですが。

 

個々のパーツをピックアップしていきますと、

・サクリ台
《屍肉喰らい》《ゴブリンの砲撃》《アシュノッドの供犠台》《爆破基地》《落とし子の穴》《高級市場》《悪魔の意図》《犠牲》

・コントロール奪取
《攻撃的な行動》《ボーラスの奴隷》《反逆の印》《大量反逆》《細胞質の操作者》

・全除去
《ジョークルホープス》《抹消》《命運の核心》《苦痛の命令》《冒涜の行動》《天を支える者》

・不死頑強
《エレンドラ谷の魔術師》《川のケルピー》《くぐつ師の徒党》《ゲラルフの伝書使》《憎悪縛りの剥ぎ取り》

 

こんな感じ。
タップアウトで動くことが多いので、打消しはあまり入れてないです。高い打消しは持ってないですしね。お金があればデモチューやヴァンチューや《毒の濁流》なんかも持っておきたいのですが、安価で代替の効くものを入れてます。《アンデッドの大臣、シディシ》なんかは重いですがシナジーが生きた優良なサーチカードですね。

コンボは以下。

・《黒薔薇のマルチェッサ》+不死クリーチャー+サクり台→毎ターン不死誘発
《憎悪縛りの剥ぎ取り》でライフをガシガシ剥ぎ取れる

・《黒薔薇のマルチェッサ》+コントロール奪取(殴って廃位誘発)+サクり台→マルチェッサによって恒久的にコントロール奪取

・《寓話の賢人》+《くぐつ師の徒党》+サクり台→無限ループ
ミケウスなら他の頑強クリーチャーも可

・《寓話の賢人》+不死クリーチャー+《アシュノッドの供犠台》→無限ドロー&無限不死
・《墓所の裏切り》+リセット→たのしい

・ミケトリ。

なんか気付いたらウィザードが多めになってたので、《寓話の賢人》がいぶし銀の活躍を見せてくれます。
ただ、廃位が満たせない=ライフが一番多い立場にあるとマルチェッサがただのオバサンでしかないので、自分でライフを削れるカードが多めにあると良いです。
《語られざる印》は廃位を満たしつつ+1/+1カウンターが置けるのでマルチェッサと相性が良いのですが、他のクリーチャーにも+1/+1カウンターを振る舞える点もポイント。《細胞質の操作者》でコントロールを奪えたり、「お前のワムコ強化してあげるからあいつ倒さねえ?」って持ちかけることができます。(意味あるのか)

 

弱点は瞬殺ルートが少ないことと、クリーチャーに依存しないデッキに相性があまり良くないこと。
瞬殺ルートはおにぎりウーズとか、なんかそういう無限コンボもっと入れればいい話なんですが、「シナジーとそぐわないコンボ入れてまでガチにならなくてもいいじゃん」と自らに言い聞かせて、無限コンボは少な目にしてます。友人たちがカジュアル志向なのでその辺の都合もありますけど。廃位と相性が良く、瞬殺に向いてる感染に重きを置くこともできますが、感染クリーチャーは単体性能が低いため今回は不採用。

愚直に殴りつつややこしい動きをワチャワチャと回せて楽しいジェネラルです。
色々改良も施していきたいところですね。

 

それでは。